実践講座!
フィリピンへ英語留学を成功させるためのガイドブック

留学費用

他の留学先と比べて、フィリピンへの留学がどれほど安いのか、1ヶ月間留学した場合の費用を紹介しています。また、アメリカ留学と比べて留学に必要となる諸費用を解説していきます。

フィリピン留学に必要となる費用の目安

check1ヶ月留学した場合

  • 授業料、寮、食費:約13万円
  • 教材費・光熱費:約8万円
  • 航空券・保険、その他雑費:約15万円
  • 合計:約36万円

為替レートや受講するコース、航空券の価格によっても費用は変動してきますが、概ね月13万円〜15万円の費用を想定しておけば大丈夫です。

もちろん現地生活でアクティビティを利用したり、旅行に行ったり、友人たちと交際をすればそれなりに費用はかかりますが、一般的に無駄遣いをしなければ生活費は1万円もあれば足りるでしょう。

格安費用で海外留学できるフィリピンの魅力

海外に留学を考えた時、多くの方がネックに思うのが留学費用ではないでしょうか。

そんな中でフィリピンへの英語留学は、費用面で見ても最大のメリットがあります。よく比較される例ですが、日本人留学性が多いアメリカの場合と比べてみてもよくわかります。

  • アメリカで語学留学をする場合(約1ヶ月間)
    学費とホームステイなどの費用で平均的に2,200ドルくらいかかると言われています。
  • フィリピンの場合
    これに対して同じ条件でをみてみると、だいたい1,500ドルくらいで済んでしまうのです。なんと3割も格安になることがわかりますね。

これはあくまでも学費とホームステイ代での比較です。さらに渡航費や現地での滞在費、物価などを考えるとかなりの割合でフィリピンが費用面において格安で留学できることがわかるでしょう。

もうひとつ大事な問題ですが、授業数からも費用の格安度が伺えます。

  • アメリカの場合
    1日のコマ数:1日に平均5コマ
    4週間分のコマ数:100コマ(1日5コマ×週5日×4週)
  • フィリピンの場合
    1日のコマ数:1日平均9コマ
    4週間分のコマ数:180コマ(1日9コマ×週5日×4週間)

1日の平均コマ数に対して、4週間分でのコマ数を単純計算しました。アメリカとフィリピンの1コマあたりの費用をみてみると、費用はアメリカの1/3で済むという訳です。

どうでしょうか?フィリピンへの語学留学が費用面で最大限メリットがあることがわかりますよね。