実践講座!
フィリピンへ英語留学を成功させるためのガイドブック

番外編・フィリピン英語留学のデメリット

フィリピン留学する際の、ビザの取り扱いについて紹介します。ビザの発行の仕方や手続き方法など、アメリカ留学と比較して解説していきます。

短期間の英語留学なら、ビザ(査証)の発給は必要なし!

ビザ(査証)とは簡単に言えば、入国や滞在のための許可証です。訪れる先の国が発行するものです。さてフィリピンに英語留学する場合、ビザの取扱いはどうなるのでしょうか。

日本人がフィリピンに短期間で英語留学する場合は、事前にフィリピン大使館にビザを申請する必要がないのです。こちらも嬉しいメリットとして挙げられると思います。

特別な手続きをすることも無く、フィリピンの空港で入国審査を受ける際に滞在期限30日間の観光ビザを無料で取得できます。

アメリカに語学留学する場合事前にアメリカ大使館に行き、ビザを申請する必要があるので、この点から見てもフィリピンへの英語留学はメリットがありますね。

ただ全てが無条件にフィリピンのビザが発給される訳ではありませんので要注意。条件としては入国時にフィリピンからの出国航空券を持っていること。パスポートの有効期限が6ヶ月以上と滞在日数分残っている必要があります。

さらに反社会的勢力の関係者は入国を拒否されることも。これは入国審査官が見た目で判断します。刺青や指がきちんと揃っているか、風体がチェックされているようです。

なかには入国審査官に悪態をついて入国拒否される方もいるそうですが、皆さんはそんなことはありませんよね。いずれにしてもきちんと応対していれば大丈夫です。

フィリピン留学でビザが必要になる場合

30日を超えてフィリピンに滞在する場合は、新しいビザを再取得することになります。ビザの再取得は半日前後でできますが、学校が有料で手続きを代行してくれるでしょう。

  • 2回目のビザ有効期限は29日
  • 3回目以降は30日

ちなみに2回目以降の発給は有料になります。また再取得を繰り返しても、フィリピンに滞在できる期間は最大1年間となっています。

ビザの再取得にかかる費用

  • 初回1,520ペソ
  • エキスプレス(即日発行)の場合は500ペソを追加。

2回目以降は59日以上滞在する場合に必要なECC(出国許可証)料金などがプラスされます。再取得をされる場合は、多くの留学生が学校で代行して手続きをとってもらっているようです。