実践講座!
フィリピンへ英語留学を成功させるためのガイドブック

なぜフィリピン留学なのか?

ビーチリゾートやマリンスポーツを楽しむリゾート地として有名なフィリピン。実はアジア人が英語留学をするために最適な国です。

英語学習大国として評価が高いフィリピン

フィリピンは平均温度が27~30℃と過ごしやすい環境の国です。東南アジアの中でも英語学習するうえで、公用語として英語を使用しており、英会話を身につけるための素地がしっかりあります。地理的に日本からの距離も近く、東京から飛行機で約4時間ほどの距離。時差も1時間しかないので、時差によるストレスもほとんど感じません。

近年では英語学習のために他国からの留学に力を入れていて、欧米の留学プログラムと比べて決して引けを取らないほど優れています。ほとんどのフィリピンの学校ではマンツーマンレッスンを採用していることもあり、英語に触れる機会がとても多いです。これはフィリピンが英語習得のための留学先として優れている、なによりのイチ押しポイントと言えるでしょう。

欧米諸国へ留学することを考えても、フィリピンへの留学費用はリーズナブル。フィリピンの通貨は日本円で1ペソ2円前後と、日本の物価と比べると1/5程度の安さで、人件費も1/10ほど。おおよそ1人1回の食事あたり、200円あれば足りてしまいます。

フィリピンの治安について

テレビニュースなどでたまにフィリピンで起こった事件が報じられ、治安については心配される方も多いことでしょう。確かに日本と比べて安全な場所とは言い切れないでしょう。

実際に殺人や強盗、強姦といった事件は日本の数倍規模で起こっていますが、欧米と比べてみると、その割合は遥かに低くなっています。普通にフィリピンで留学生活を送っている分には、殺人事件などに巻き込まれる可能性は極めて低いです。過去にフィリピンに留学した日本人が殺人被害に巻き込まれたようなケースは1度もありません

地域で見てみるとフィリピン全土において、外務省が発表する渡航レベルは4レベル1の「十分注意して下さい」と指定しています。ただし南部のミンダナオ地方は、イスラム過激派が活動しているため立ち入らないように。

いずれにしても日本いるときと同じような気持ちで過ごすのは改めたほうがいいです。自ら危険な場所には立ち入らないよう、しっかりと危機意識を持って渡航に挑みましょう。

フィリピン基本情報

正式名称 フィリピン共和国
人口 約9,401万人
首都 マニラ
日本との時差 1時間
言語 国語:タガログ語 公用語:タガログ語・英語
他地域によって80種類の言語が使われている。
宗教 キリスト教(80%以上がカトリック)、イスラム教(全国民の5%)